本日2018年6月23日、京都一乗寺・恵文社書店において今日マチ子さんのトーク&サイン会が開催されました。

今日マチ子さんは漫画家の方で、センネン画報というご自身のブログで毎日1P漫画をアップしていらっしゃいます。

今日マチ子さんの絵は、色使いのせいか透明感がものすごくあって(マチ子ブルーと呼ばれたりするそう)、漫画はセンチメンタルな余韻が感じられて心を鷲掴みにされます。

色使い、絵のタッチ、コマ割り、画の作り方、線の抜け感、色の抜け感、タイトルの付け方などどこをとってもセンスを感じます。

今日マチ子さんを知らないと言う方はぜひリンクから彼女の漫画を見てみてほしいです。

概要

本日のトーク&サイン会は、今日マチ子さんのデビュー作であり代表作の「センネン画報」から10周年ということでこの度出版された、「センネン画報+10years」の出版を記念して開催されたものでした。

会場は京都・一乗寺の恵文社書店。

京都市左京区に長く住んでいたので、一乗寺や恵文社に久しぶりに来れて単純に嬉しかったです。

恵文社は「世界でもっとも美しい本屋10選」に日本で唯一選ばれたこともあるとても趣のある外観・内装の本屋さんで、本のセレクトもアート系のものが多く、私も大好きでよく訪れていました。

恵文社書店の中で平積みにされている本を眺めながら何周も店内を回っている時間が好きでした。

今回はその恵文社の奥の「コテージ」というスペースで開催されました。

 

トーク内容

トークは今日マチ子さんが描き始めたくらいから現在までの年表(この日の為のイラスト入り年表!手書きでとっても素敵)を見ながら時系列で、この時はどうだった、この本はどうだった、という形でお話してくださいました。

 

 

特に印象に残った話を箇条書きで紹介します。

・2004年からブログで毎日1pマンガを続けてたら、2008年に1,000枚前後描いたところで最初の本になった。それがデビュー作。描きたいものをコツコツ続けてたら注目された。
・描きたいものがない日でも無理やりひねり出して続けた。
・本になったのは良い部分ばかり。ボツになったものが大量にある。1,000枚描いて1,000枚ともがヒット作ではない。
・昔の絵は今と画風がちがう、だんだんと文字がなくなりコマ割りが洗練された。
・最初はサブカルっぽいの描かれてたけど、「これって本当に自分のやりたいことなのか?誰かの二番煎じじゃないのか?」と考えるようになった。
・2010~2014年はめちゃくちゃ忙しくて忙しすぎて逃亡したり、入院したり死にそうになってたけど、表現方法を模索し続けていた。ひたすら実験していた。
トークを聞いての一番の感想は「コツコツ続けることってやっぱり最強なんだな」ということでした。
毎日毎日描くなんて本当にすごい。。
絵を描く方のお話なのでどうしても自分のやり方や生活、考え方と比べて聴いてしまいます。
あとは彼女が(外野の声よりも)「ご自身のやりたいこと」を重視されている部分に、納得もしたし羨ましくて私もこういう風になりたいと感じました。
また、この時代はこんなの描いてた、この時代はこういう風に変わった、などのお話を聞いて「やりたいこと、描きたい画風が途中で変わってもいいんだ」という風にも解釈しました。
やりたいこと、描きたい絵をこれからどんどん表現していこうと思えました。
しかし逃亡したり入院したりするくらいお忙しかったのに、絵の模索をし続けて実験をやめなかったというのは本当に驚きです。

質問タイムでは「描いてない時は何して過ごしてるんですか?」という私の質問にも答えてくださり、絵を描いていないときはジムに行ったり、ミシンでスカートなどを作ったり、行きたい所にふらっと行ったりされてるそうでした。

ミシンの「ダダダダ」という音に連弾、爆弾、空襲、串刺し、など戦争を感じるという話は興味深かったです。そんな風に聞こえるのは頭のかたすみに戦争のことが常にあるからだろうと感じました。

 

気になった過去の作品

・『いちご戦争』2015,『anone』2012,『cocoon』2010

私が今日マチ子さんのことを知ったのが2015年の『いちご戦争』の頃ですが、でもいちご戦争も他の書籍も読んだことがありませんでした。戦争をモチーフにしているということを知り、こちらの書籍を読んでみたいなと思いました。

・『もものききかじり』2018

26歳のOLが夢を追う話。そういう人たちを応援できたらという気持ちで描かれたとおっしゃっていてとっても興味が出てきたのでこちらも読んでみたいです。

 

今日マチ子さんのお人柄

今日マチ子さんにお会いしてお話をうかがったのは初めてでしたが、良い意味で期待を裏切られた感じがありました。

とっても独特の考え方・感じ方をされていてお話が本当に面白かったです。

ひとことで言うと「自分とひたすら向き合う表現者」という印象を持ちました。

マチ子さんの体の中には前世のアメリカ人男性がいて、彼女はいつもそのアメリカ人男性を感じているそうです。そのことについては割と長い時間を割いてお話されていたので、普段から本当に感じたり考えたりされていることなんだろうなという感じでした。

 

全体の感想

はじめはただのミーハー心で参加したサイン会でしたが、コツコツ続けることの大切さをまざまざと見せつけられたイベントになりました。

2,000枚、漫画を続けておられると圧倒的な説得力があり、自分もがんばらないとと勇気をもらえました。

また偶然来られていたイラストレーターのしろしおさんとイラストの仕事やそれを取り巻く環境のことなどいろいろお話もできて、こちらもとっても良い時間を過ごせました。

「今日マチ子さんとハイジの絵は通じるものがある」と言ってもらえたのが嬉しかったです。

明日からの絵のお仕事のまた原動力になる一日でした。

 

(下記はいただいたサイン。さらさらっと描く様子に見とれてました)